カテゴリー


最近の記事


プロフィール

harry

Author:harry
1951年8月生まれ。獅子座。
AB型。178センチ。70キロ
①.スポーツ&アウトドア
特にサッカーと山と釣り。
登山、ゴルフ、マラソン、カーレース、ウインドサーフィン、クルージング、乗馬などなど。何でもやりたがりでどれもそこそこはこなすが一流には遠い。

②食べる!
作ること、食べること、食べさせることが大好き!「人の生きがいの半分は食に在り」と思っている。阿蘇の山小屋ではピッツァを焼くためのナポリ窯も作った。特にラーメン、うどん、そば、パスタなど麺類には目がない。

③馬大好き!
競馬では100万馬券を何度か的中!過去通算では間違いなく損している?
人生も賭けだけどいざという時には強い。
馬好きが高じて地方競馬の馬主になったことも。
2010年ハヤノ牧場には10年来の夢だった馬が来た。

④時間があればしてること
ジョギング、草刈り、薪割り、伐採、山芋掘り、畑仕事、ログハウスのメンテナンス、木工、音楽を聴く、映画を観る、絵を描く、本を読む。そしてブログを書く。最近は阿蘇の山小屋に行く時間が減ってストレスたまり気味?

⑤好きな作家
もちろん開高健さん

⑥愛犬
ロッキー
アラスカンマラミュート♂
(1999年3月8日生まれ・45キロ)
ルーク
ラブラドルレトリバー♂
(2010年6月18日生まれ・24キロ)


月別アーカイブ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片山右京チャレンジスクールあらかわライド

あっという間に3月も半ばをすぎた。
昨日とうって変わって青空が広がり温かい一日となった。
こんな日は普通なら絶対ランニングに出かけるはずだけど腰の痛みのせいでそれもできなかった。

しばらく留守にしていたらブログの画面に広告を入れられていた。
フェースブックでは書ききれないことをブログで書いていくつもりがついおろそかになってしまった。
書き込みをしないと広告は消えない。

二週間前の片山右京チャレンジスクールのあらかわライドのことを書いておく。
試走と本番で2日間それぞれ50キロずつ走った。
そのせいなのか当日の夜から腰の痛みが出てずいぶん楽にはなったがまだ治らない。

DSC_0470.jpg
3日の試走は好天。
DSC_0473.jpg
ぐっちゃりのメンバーとチーム右京選手とコースを試走。
DSC_0471.jpg

4日の本番当日は曇り空。気温も低く集合時間のころは2~3度。
12人の小学生の子供たちと40人ほどの大人の参加者も完全防寒でスタート。
荒川沿いのルートは道幅も広く晴れていれば気持ちが良いサイクリングになったはずだ。
この土手沿いの道は防災避難路なので自転車専用のサイクリングロードではないとわざわざ国が言っていて制限速度も20キロとなっている。もちろん災害時には避難路として使えば良いから普段はサイクリングロードとしても良いのではないか。
9時過ぎに20キロ、50キロ、80キロとグループごとに出発。
DSC_0482_20120314231756.jpg
川面を渡る風も相まって自転車でこの寒空の下を走るのは決して楽ではない。指出しの手袋では10分もしないうちに手がかじかんでくる。子供たちは意外に強く元気。
DSC_0477.jpg
DSC_0483.jpg
20キロ、50キロを走った子供たちのグループはほぼ前後して無事帰還。
全体のイベントマネジメントがうまくできてないのでどこで何が起きているのかさっぱり見えない。
一応子供たちのグループを中心に見て欲しいといわれていたので3グループを行ったり来たりしているうちに腰を傷めてしまった。
今月末には専用のロードレーサーが来るが乗りこなすことができるだろうか不安。

葛西臨海公園までの往復80キロコースを走りきったグループは冷え切った体で最後に帰ってきた。
辛かったみたいだけどみんな達成感あふれる顔だった。
右京校長が「こんな日になってしまって申し訳ない。自転車が嫌にならないでください。」と言っていたけど自転車のイベントは絶対晴天の下でやりたい。
スポンサーサイト

初ハヤノ牧場

ようやく先週末今年初めてハヤノ牧場に行ってきた。
今年になって週末に色んな行事が重なりなかなか行く機会を作ることができなかった。
今回はサックスの師匠Kさん一行。
日田のサニーで買い物をしてこの陽気なら大丈夫だろうと広域農道を行く。
DSC_0361.jpg
久々の山小屋行きにルークもワクワク。早く着かないかな。
北側の斜面で一部凍っている箇所はあったがおおむね問題なかった。
DSC_0340.jpg
亀石峠から阿蘇を望む。
さすがにここまで来ると空気がピンと張っている。
DSC_0357.jpg
早速薪ストーブに火を入れて部屋を暖める。これだけ冷えていると部屋が暖まるのは丸一日かかる。

ポンプ小屋に向かう。
2週間前に地下水を汲み上げるポンプの配管が凍結して破損していた。
水道工事屋さんのSさんから2日前に一応修理できたと連絡が入っていた。

電源を入れると水が上がって来て水抜き管からは水が出たのでひと安心。
しかし上まで水が上がってこない。
やはり地中に埋めた配管のどこかで凍っているのかもしれない。
あとで山上の美容院椿山さんに聞いた話だが先週はマイナス16℃まで下がったとのこと。
仕方がないので岡本豆腐に電話してもらい水ともらい温泉に行く。
DSC_0342.jpg
夕陽が真っ赤に空を染めていた。
水を大きなタンク三個に入れてもらって温泉で温まって帰ってきたら水が出ていた。
今日の晩飯はダイコンとブリのシャブシャブ。
DSC_0345.jpg
千六つに細切りしたダイコンを昆布で取ったダシにたっぷり入れる。
刺身でも食える厚切りのブリを軽くシャブシャブしてダイコンと一緒にポン酢で食す。
仕上げはこのスープに塩とブラックペッパーで味付けをして塩ラーメン。

DSC_0344.jpg
岡本豆腐からもらってきた揚げを焼いて甘口の醤油をかけて食べる。これもまた美味い。

DSC_0351.jpg
翌朝も快晴。湧蓋山の横からオレンジ色の光が広がる。
DSC_0350.jpg
ルークと一緒に凍った大気の中を散策。
下の牧場に行ってみると霜柱が土を持ち上げて踏むとサクサクと音がする。
ルークは何を思ったのか霜柱を土ごと食べている。
DSC_0347.jpg
阿蘇を眺めると空が淡い紫色に染まっている。

DSC_0362.jpg
朝ごはんを岡本豆腐で食べた。
久々のアツアツ搾りたての豆腐と揚げたての生揚げ。いつ食べても美味い。

食事の後は来年の薪作り。
栗林の上のクヌギを三本来年の薪用に伐採してきた。
チェーンソーが切れなくて苦労した。
何十、何百回と砥いでいるが未だにうまくできない。
角度を決める道具や各種ヤスリもそろえているがあてただけで食い込んでいくあの切れ味が出せない。
もう一度砥ぎ方のコツを教えてもらいに行かなければ。
DSC_0364.jpg

DSC_0366.jpg
ベーコンを作った。

岡本豆腐にもらい湯に行く途中椿山家に寄った。
新年の挨拶をやっと今頃。
ちょうど夕陽が落ちる時だった。絶景の美容院。
DSC_0371.jpg
椿山家から臨む落日
DSC_0370.jpg
椿山家からの夕景

DSC_0373.jpg
2日目の夜はトンポーロー鍋。


水戸の天ぷらいせ

先週末出張でいわきに行く途中10年ぶりくらいに水戸に立ち寄った。
35年前初めて営業所長として赴任、ここで営業の仕事を学び、管理職としての難しさを味わい、胃潰瘍の手術もした。わずか二年間だったけど思い出深い場所。当時一緒に仕事をしたMさんが昨年末亡くなったのでようやくお線香をあげに来ることができた。
おなじくその時の同僚Tさんとも再会。
小学生だったTさんの末の娘Nちゃんはもう3児の母!!
昔良く通った天ぷら屋「いせ」が那珂町でやっているというので昼食はそこで食べた。相変わらず無愛想なオヤジが懐かしかった。小海老に始まって、海老のすり身を詰めた椎茸、蕗の薹、ワンタン皮で包んだ納豆等々35年前と変わらぬ内容。カロリーを控えて最近はめったに天ぷらを食べることも無くなったが久しぶりのかき揚げは美味かった!たまには天ぷらも好い。松コースで1850円。

DSC_0198.jpg
千波湖冬景色
DSC_0190.jpg
天ぷらいせの看板
DSC_0191.jpg
まずは小海老
DSC_0192.jpg
椎茸に海老のすり身
DSC_0193.jpg
蕗の薹、昔からの定番「納豆のワンタン皮包み揚げ」
DSC_0194.jpg
シメのかき揚げ

はしごラーメン

もう10年近く前のことだ。
全国各地の支社、営業所を訪問する際に全国のラーメンを食べ歩いてやろうと思いそれぞれにお願いして地域で一番美味しい店を案内してもらうように頼んだ。
和歌山では営業祖訪問前に一杯食べて3時間後に出井商店ともう一軒をはしごした。
ラーメン博物館やラーメンスタジアムでは連続三軒のラーメンを食べた。さすがに3杯目を食べる時は苦しくて味わうどころではなかった。仙台を皮切りに郡山、盛岡、秋田、青森、函館、東京と5日間の旅ではメシはすべてラーメンだったこともあった。

博多の巨頭「一風堂大名本店」で昔のお江戸風中華ソバを新メニューで出していると聞いたのでヨメがニューヨークに遊びに行って一人ぼっちのオーノ君を誘った。どういう風の吹き回しか「今日は二軒、あわよくば三軒はしごしてやろう。」という気分だったから大食いのオーノ君なら付き合えるだろうと思ったからだ。
でっ「一風堂大名本店」に行くとなんと中華ソバは短期で終了。
腹も減ってイマサラ他に行く気力もなかったのであらたな新メニュー「辛味ラーメン」を食べることにした。
DSC_0106.jpg
久しぶりの一風堂だったけどさすがソツがない。
洗練されたスープにマッチした麺。
何も言うことはない。
一気に食べた。
一瞬替え玉を注文しそうな気分になったけど跡のことを考えて踏みとどまった。

次に向かったのは警固にある「秀ちゃんラーメン」ここも博多のもうひとつの巨星。
昔は良く通ったけどもう10年以上行ってなかった。

DSC_0110.jpg
ここのは背脂たっぷりの濃いラーメンなのでバリネギにした。バリとは多いとか沢山とか非常にとか言う意味で使う博多弁。バリウマというと非常に美味しいということだし、バリカタと言えば麺の茹で加減を超硬めでというラーメン用語だ。
昔に比べたら少しあっさり系になっていた。
メニューにもガールズセットとか用意してあって女性客を意識しているのだろうか。

さすがにここでも替え玉は無理だった。
オーノ君がオーダーした餃子をヒトキレいただいてそれが限界だった。
オーノ君は軽くもう一軒行けそうだった。無理してでももう一軒という思いが頭をよぎったがここで無理をしても誰も褒めてくれない。また来ればいい。
数年前に「まる玉」や「元祖長浜屋」で替え玉を二回したことはある。
連続二店のはしごラーメンはあの10年以来だった。

たまにはこんなバカをしてみるのも悪くない。

恒例のサッカー部OB会

1月2日。今年も恒例の高校サッカー部OB会。
晴天の長良川河川敷グランドに集合。
DSC_0023_convert_20120117010441.jpg
着替えをする先輩たち

今年の対戦は岐阜高校とのダブル。
moblog_458a3cf7.jpg
20分ハーフ40分の試合を二試合おこなった。
体調も良かったので志願してフルで出場。
中央の7番が僕。
みんなが何とか1点取らせようとお膳立てをしてくれて第一試合の後半終了間際にバックからのフィードを上手く裁くことができてそのまま持ち込み勝ち越しの一点を取る事ができた。
フォワードはやはり得点しないことには話にならない。
久々のゲームで得点できて気持ちよくス新年のスタートを切ることができた。

DSC_0026_convert_20120117015736.jpg
一年生の時のクラスメイトガタ(高橋君)と安江と熊田君が試合見物に来てくれた。
特にガタとは何年ぶりだろうか。
大病をして仕事もできない生活を送っていると聞いたがすこぶる元気そうで良かった。
何よりわざわざ観戦に出てきてくれたことが嬉しかった。
「もうオレはダメだ」とか自嘲気味に話していたけど病気に負けずに頑張って欲しい!

明けましておめでとうございます。

フェースブックのアップが簡単なので最近はブログに書くことが減ってしまっている。
とは言えフェースブックは日々の出来事を簡単に友人に知らせるためのツールだからまたブログとは内容が異なる。
ブログにハブログの役割がまたあるのだなと思う。
さて遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
昨年末29日は恒例の門松を作りに山小屋に行ってできたのがこれ。
moblog_a56ffe17.jpg
年々歳々その時の気分でデザインが変わるのはご愛嬌ですが今年はまずまず。
おかげで年神様もしばらく我が家に居てくださったかな。

DSC_0006_convert_20120117010750.jpg
わが家の雑煮
カツオ菜と焼いた餅と椎茸、蒲鉾が定番。今年はぶりも入れてみた。

DSC_0005_convert_20120117010145.jpg
わが家のおせち
がめ煮(筑前煮)、黒豆、ごまめ、数の子、きんとんは欠かせない。

歳が明けた直後、年越しソバを食べて高見神社にお参りに行った。
引いたおみくじは末吉だったけど、努力すれば叶うという感じでことごとくプラスの言葉が書いてあった。

今年が皆さんにとって良い年になりますように!!






歳の終わりに

12月29日。
門松作りの材料を採りに山小屋に行く。

ルークは窓から顔を出して風にあたるのがお気に入りだ。
ロッキーもそうだった。散歩している犬を見つけると落ち着きなく騒ぐのも同じだ。

山小屋に着いてまずストーブに火を入れる。思った以上に気温が低く寒い。
そのあとポンプの電源を入れるが悪い予感が的中して水が出ない。
モーターは回っている。タンクの圧力はフルになっている。
おそらくどこかが凍結して水が遮断さえている。
汲み置きしていた水を沸かして熱湯を蛇口の近くのパイプにかけるけど一滴も出てこない。
ポンプ小屋の水道管には電熱線が巻かれているので大丈夫と思ったのだがどうもそこが問題らしい。

圧力を逃がすための補助水道管からは水が出るので上に上げる管が凍結してるようだった。
小屋のそばで火を焚いて大きなやかんでお湯を沸かす。それを何度かかけてみたらようやく水が上がりはじめた。
結局水が出るまで1時間近くかかった。

淡いピンクに染まった薄暮の空にクヌギがシルエットになって絵を観ているようだ。


孟宗竹は岡本豆腐の竹林からいただいた。
松と梅は山小屋に自生しているものを伐ってきた。
自宅に戻って門松を製作。
100円ショップで買ってきた注連飾りを着けたらいつの間にかルークがみかんを食いちぎってしまった。
また新しいのを付け替えて夜7時過ぎに何とか完成。


完成した門松

前々から内々疑問に思っていたことが何気なく観ていたテレビの番組で解決した。
「メインは竹なのに何で門松と言うんだろう。」
昔はまさに松のみを玄関脇に立てていたようだ。正月にやってくる神様をお迎えするための目印だったらしい。
「どうせなら縁起がいい竹とか梅とかも入れちゃえ。」
「そうだそれだけでは寂しいので赤い実とか葉ボタンとかも入れよう。」
とだんだんエスカレートして今のカタチになっていったようだ。

東京で見る門松は青竹三本と松を荒縄で縛っただけのシンプルなものだった。
竹の切り方も地方によって違うみたいだ。
節のところで伐ると笑っているように見えるので小国あたりではそうする。
節のところを入れて切るのは結構大変だからというわけではないだろうがスパッと真ん中で切るところもあるらしい。
これまで僕はその年の気分で適当に作ってきた。今年は時間もなかったので土台は手を抜いて木の桶に土を入れたもので代用した。本体はここ数年の中でも上の部類に入ると言っても良いくらいバランスの取れた良い仕上がりになった。玄関の脇に据えて年神様を迎える準備が出来た。

12月31日。
那覇マラソン以来走ってなかったのがずっと気になっていた。
少しだけでもと年の最後に3.5キロほど走ってきた。
3.11以来何となく落ち着かない日々が続き、何をやるにも気持ちが入らない一年だった。
今年のモヤモヤはすべて今日で払い落として来年は良い年にしたいものだ。







 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。