FC2ブログ

カテゴリー


最近の記事


プロフィール

harry

Author:harry
1951年8月生まれ。獅子座。
AB型。178センチ。70キロ
①.スポーツ&アウトドア
特にサッカーと山と釣り。
登山、ゴルフ、マラソン、カーレース、ウインドサーフィン、クルージング、乗馬などなど。何でもやりたがりでどれもそこそこはこなすが一流には遠い。

②食べる!
作ること、食べること、食べさせることが大好き!「人の生きがいの半分は食に在り」と思っている。阿蘇の山小屋ではピッツァを焼くためのナポリ窯も作った。特にラーメン、うどん、そば、パスタなど麺類には目がない。

③馬大好き!
競馬では100万馬券を何度か的中!過去通算では間違いなく損している?
人生も賭けだけどいざという時には強い。
馬好きが高じて地方競馬の馬主になったことも。
2010年ハヤノ牧場には10年来の夢だった馬が来た。

④時間があればしてること
ジョギング、草刈り、薪割り、伐採、山芋掘り、畑仕事、ログハウスのメンテナンス、木工、音楽を聴く、映画を観る、絵を描く、本を読む。そしてブログを書く。最近は阿蘇の山小屋に行く時間が減ってストレスたまり気味?

⑤好きな作家
もちろん開高健さん

⑥愛犬
ロッキー
アラスカンマラミュート♂
(1999年3月8日生まれ・45キロ)
ルーク
ラブラドルレトリバー♂
(2010年6月18日生まれ・24キロ)


月別アーカイブ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五島うどん

ヒルメシは五島うどんの里でうどんを食べる。地獄うどんとかきあげ
2010021912570000.jpg

2010022314520000.jpg

五島うどん1

五島うどん2


スポンサーサイト

世界遺産上五島

国の実証実験で上五島に電気自動者が導入される。その納車式に出席した。

三菱電機のアイミューブ
納車式までに少し時間があったのでタクシーで島のいくつかの観光スポットを巡ることにした。
新上五島町内には29もの教会があり住民の生活に深く根ざしている。国指定重要文化財である青砂ヶ浦教会と頭ヶ島教会は、平成19年1月に世界遺産暫定リストへの掲載が決定した「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」に指定されているとのことだったので観にいく。











頭が島教会

頭が島教会の鐘楼

教会の内部

青砂が浜教会のステンドグラス

青砂が浜教会

〓佐世保バーガー

荒波の中を高速フェリーで上五島から帰って来た。
高橋君がフィギュア決勝で四回転を失敗しながら銅メダルを獲ったシーンを船内のテレビで観ていたらいつの間にか眠ってしまった。気がついたら波が凪いで佐世保の港内に入っていた。

フラフラ揺れながら駐車場に戻って一昼夜ぶりにエンジンをかけようとしたらなんとバッテリーがあがっていた。

スモールランプが点けっぱなしなっていた。
隣に駐車していた釣り帰りのおじさんが「バッテリーやった?やっぱり!朝方スモール点いてたよ。コード持ってるよ。繋ごうか?」
「ありがとうございます。でも24ボルトだから12ボルトだと焼き切れちゃうんですよ。JAF呼びます。」
せっかく親切に申し出てもらったけど以前12ボルト用のコードを繋いで火が出たことを思い出しお断りした。
30分後にJAFのクルマが来てエンジンがかかった。


ほっとしたら腹が空いたので名物の佐世保バーガーを食べていくことにした。
佐世保バーガー3
佐世保バーガーの人気店「光」

佐世保バーガ-2
佐世保バーガーのシンボルキャラ


 

何にするかメニューを見ながら一瞬迷う。チキンバーガーがずらりと並ぶ。


一番色々入ったやつということでビッグチキンスペシャル510円也をチョイス。ベーコン、卵、トマト、チーズ、レタス、チキンパテが入っている。
佐世保バーガー1
ビッグチキンスペシャル

佐世保バーガーの特徴はこのメインがビーフではなくチキン。そのパテも思いのほか薄いのだけど妙に美味い。チーズ味のソースが癖になる。しっとりしたバンズもまた美味しい。一気に食べた。なかなかやるぞ佐世保バーガー。

島の晩ごはん

上五島の有川港に降り立つと小雪が待って海からの風が背中にしみてくる。船が出ることが決まって佐世保を出る直前に予約したマリンピアホテルというところに宿泊することになった。夕闇のフェリーターミナルで待っているとホテルの名前入りのワンボックスが迎えに来てくれた。
夕食をどうしようかと受付をしながら考えていたら、
「今キャンペーン期間中なんですけど、特製和定食を注文してアンケートに答えていただけたら、五島牛の陶板焼きがついてさらに五島うどんのお土産つきなんですよ。どうされますか?」とフロントの女性が笑顔で案内してくれるではないか。
「それやります。アンケート答えます。」と一も二もなくこの企画に便乗することに決定。

上五島1
和定食1575円也。カンパチとタイ、イカの刺身、カマス干物、キビナゴのフライ、生海苔の佃煮、茶碗蒸し、味噌汁
少し甘めに焚いた生海苔の佃煮が美味しかった。ついご飯をお替りしてしまった。
上五島2jpg
カマスの干物かなりしっかり干してあったので身がしっとりしてなかったのは残念。
上五島3
アンケートキャンペーンで付いてきた五島牛の陶板焼き




牧野うどん

九州大学伊都キャンパスで会議があった。予定よりかなり早く着きそうだったのと朝飯を食ってなかったので牧のうどんに寄る。ここでうどんを食べるのは何年ぶりだろうか。
20100218牧のうどん1
「ごぼう天うどん」と「かしわのおにぎり」を注文する。
「少し硬めでもいいですか」
まだ開店したばかりでうどんの準備ができていなかったようだ。
博多(福岡)のうどんはやわやわのうどんが特徴なので好みとしては少し硬めくらいがいい。
20100218牧のうどん3
どんぶりに入ったネギは好きなだけ入れることができるのがネギ好きには嬉しい。やかんにはダシが入っている。
20100218牧のうどん2
ネギをこれでもかというくらいにたっぷり入れて食べるのがオレ流。

上五島に行く

2月18日。
九大伊都キャンパスでの先端技術研究所意見交換会を14時に終えて佐世保に向かう。明日の朝上五島町でおこなわれる電気自動車の納車式典に出席することになっていた。16時半出発のフェリーに間に合わないと明日早朝のフェリーになるが天候しだいでは結構もありうるからできれば今夜のうちに上五島に渡っておきたい。途中トイレにも行かずにぶっ飛ばしたので30分前に到着することができた。駐車場に車を停めて慌しくトイレに向かう。
朝から強い風が吹いていて時折小雪が混じる寒い一日だった。船は幸い欠航ではなかったが海は荒れていた。
100218上五島フェリー
上五島に向かう高速フェリー「ふぇにっくす」

14時17分。定刻より少し遅れて出航。
70人ほど乗れそうな船内はガラガラ。全員で10~12人くらいしか乗っていない。


100218上五島フェリー3
フェニックスの船室

湾内を走っているうちはさほどではなかったが外海に出たらやはりうねりが激しくなってきてザブンザブンと船体を波が打ち始める。
100218上五島フェリー4
うねりを乗り越えて走る

朝食べた牧のうどんと昼に食べた中華が胃の中で踊っている様子を想像してしまう。そのイメージを振り払おうと揺れる中を立ち上がって船内を見学する。週刊誌等が置いてあるそばにおいてあるのがこのケアセット。
100218上五島フェリー2
それを見たらまた「悪いかたまりが胃の中から喉に向かって上昇しようとするイメージ」が浮かぶ。
そのイメージを何とか振り払って踏みとどまる。
なんとか世話にならずに済んだ。

まったく景色も見えない。曇ったガラス窓越しにうっすらと島影が見える。うつらうつらしていたら急にエンジン音が小さくなって上五島の有川港内に入ったことに気づく。波も穏やかになって揺れも小さくなった。
18時。夕闇の中、新上五島に初上陸。小雪がちらついて寒い。明日の式典開催できるんだろうか?

山東の水餃子

『水餃子』が美味しいという評判を聞いて気になっていた店。横浜中華街の「山東」に行ってきた。
中国家常料理。いわゆる家庭料理の店という看板どおり、中国の良くしゃべるおばちゃんが居て、内装も素朴で良い雰囲気だった。看板メニューの『水餃子』は想像以上に美味しかった。皮はやや厚めだったがモチモチとしていて皮そのものに旨みがある。つるりと喉の奥に入っていきそうになるのを抑えつつ皮と具をかみ締める。具はニラと豚肉?にんにくもしっかり利いている。
2010021000000000.jpg

店で調合された付け汁で食べる。この水餃子ならするすると何個でも入っていきそうな気がする。一人前10個で750円はけっして高くない。
2010020818310001.jpg

「水餃子」ほかクラゲの酢の物、エビチリ、豆苗の炒めをオーダーした。エビチリは値段の割りに量も少なく味付けも平凡だったが「豆苗の炒め」は量も多くにんにくを利かせた塩味が美味しかった。クラゲの酢の物もグッドチョイスだった。隣のテーブルで食べていたモヤシ炒めが美味そうだったから次回はあれも食べたい。と満腹になりながらも次回に想いを馳せていた。ぜひまた来たい。

2月の山小屋

2月7日。一ヶ月ぶりの山小屋。
前回はポンプ小屋のパイプが凍結で割れ水が上がらなくて大騒動だった。
今日もバケツに残った水が凍っていた。
凍結防止の電熱コイルを巻いてもらったのでポンプが凍って割れることはもうないであろう。
100206氷
凍ったバケツの水

2010021700380000.jpg
来年の冬用に薪にするクヌギを伐ってきた。

100206ロッキー
ロッキー
100206ハヤノ牧場の夕陽1小
ハヤノ牧場の夕陽1
100206ハヤノ牧場の夕陽2小
ハヤノ牧場の夕陽2



開高健記念館

昨年、師開高健さんの没後20年を記念して「河は眠らない」ビデオブックが出版された。
10年前に行ったアラスカのキングサーモン釣りが鮮明に蘇った。
開高さんはちょうど今の僕と同じ歳に亡くなられている。考えて見ればいかにも早逝だ。もう少し生きて欲しかった。78歳になっているはずの開高さんと話をしてみたかった。師の足跡を追うといつもご自分でも言われているとおりの生き方をされたんだなということが分かる。
「ランプの灯りが消えないうちに生を楽しみなさい。」
こうして元気で生きていることを感謝しつつ、せっかくの一度しかない人生だからどうせなら楽しく生きていたい。くよくよ、うじうじ、こそこそ、人生を悔やみ、人の悪口を言いながら生きているよりも前向きに楽しいことを考えながら生きていたいのだ。
bookphot「河は眠らない」
「河は眠らない」の本

茅ヶ崎にある開高健記念館で「河は呼んでいる~開高健とアラスカ」企画展をやっているらしい。
ここは以前から行きたいと思いつつ土日と祝日しか開館していないのでまだ一度も行ったことがなかった。
ぽっかりと空いた先日の土曜日。僕は茅ヶ崎駅に向かっていた。
タクシーで行こうかと思ったけどバスが近くまで行っていることを茅ヶ崎駅のポスターで知った。こんな青空の下をのんびりバスで行くのも悪くない。15分ほどでバスが来たので乗り込んだ。携帯で場所をチェックしたり、ものめずらしい初めての土地を窓の外に見ながら「海岸通北5丁目」のアナウンスを待ったが一向に行き着かない。不安に思ったころ時すでに遅くバスは終点の辻堂まで行ってしまった。運転手さんに聞くと「とっくの昔に通り過ぎたよ」だって。
茅ヶ崎駅からほんの四つ目だった。同じバスでまた来た道を戻る間抜けな僕を自分で笑う。こんな時間の無駄使いもたまには良い。

やっと目的のバス停に降り立つ。「ラチエン通り」って確かサザンの曲名で聞いたことのある通りを通って海岸方面に向かう。
kaikou12651318984b.jpg
開高健記念館全景
太陽の光が降り注ぐいかにも開高さんらしいアトリエ作りの建物。
kaikou126513189994.jpg
門柱の表札
kaikou1265131901c1.jpg
門を入るとすぐの丸い石に刻まれた開高さんの言葉
「入ってきて人生と叫び出て行って死と叫ぶ」例の丸っこいヘタウマの開高文字で書かれている。
「夏の闇」の中で引用されているらしいが僕の記憶にはない。ネタ元は老子第五十章の「出生入死」生を出でて死に入るだそうだ。どんな意味をこめて開高さんが使ったのかはまたいつか「夏の闇」を読み返しながら考えてみたいと思う。
いよいよ建物の中へ入る。
開高さんがここで呼吸をしていた。
開高さんがここで背中が痛いとか何とか言いながら小説を書いていた。
そう思うとなぜかドキドキする。
背中が痛くなりそうな座椅子と長机。灰皿やパイプやらが置かれている。壁にはキングサーモンやレッドサーモンのレプリカ、ルアーなどがきれいに飾られていた。嫌いだったという蜘蛛(タランチュラ)の標本が飾ってあるのが面白い。慣れるようにとどなたかからプレゼントされたそうだ。ガラス越しだったけど男の部屋という感じの匂いがした。
kaikou12651319056f.jpg
文机

kaikou12651319073b.jpg
書斎の壁
kaikou126513190320.jpg
書斎に向かう途中の小部屋に釣り道具や愛飲されたお酒の数々を展示していた。
自筆の原稿や釧路で釣った大岩魚の魚拓やらあれこれ眺めているうちに小説やエッセイの言葉や一節が蘇ってくる。
いつまでも居たかったけど一度に全部吸い取らなくてもいい。
少しづつ少しづつしみこませるように開高さんを感じとっていったほうがいい。
来訪者の寄せ書き帳に感想を書いた。いくつかの色紙やカードやグッズを買った。

建物を出た途端にもっと居ればよかったかなともう後悔していた。
興奮しすぎて何がなんだか分からないうちに出てきてしまった。
でもまた行けばいいさ。

うさちゃん!ホーリー!安らかに。

1月31日。
あの日と同じような快晴だった。
うさちゃんとホーリーのお別れ会が開かれた。
「二人を偲ぶ会」ということで二人を知る仲間や関係者の方にご案内をしたところ600名を超える方々が献花に来てくださった。
特に嬉しかったのはチャレンジスクールの子供たちがたくさん来てくれたこと。
もういっぱい泣いたから涙は出ないと思っていた。
「ありがとう。ありがとうね。うさちゃんやホーリーも喜んでいるよ」
そう子供たちに御礼を言うと涙がまたあふれてきてしまった。

式典はあっという間に終わったけれど、二階に展示された二人の遺品や写真の前からみんな立ち去れずにいた。
メッセージを書くノートの前にはたくさんの人が行列を作ってくれた。
「チャレンジスクールいつ始まるの」
「またぜひやってほしい」
「始まったら絶対行く!」
チャレンジスクールの子供たちや父兄の皆さんから温かい声援の言葉をもらった。
正直言うと二人が居なくなってチャレンジスクールはもうできないんじゃないかと思っていた。
でも待ってくれているこの子達のためにも、二人を忘れないためにもやらなければいけない。

「どんなかたちになるかまだわからないけど絶対に再開します!」そう約束した。



12月18日未明。
あの時福島県いわき市のホテルの一室に僕はいた。
携帯電話が鳴った。
二人の遭難を知らせる連絡だった。
「気がついたら二人のテントがない。今から探しに降りる。救助要請をして欲しい」
右京から携帯電話で連絡が入ってそのあとは繋がらなくなったらしい。
「救助隊の要請をしたけど朝6時になるまで出発できないと警察に言われました。」
でもこの時はあまり心配もしていなかった。
「あの三人なら大丈夫だ。」
「南極や厳冬期のヒマラヤに行く装備を持っていっているはずだしこれまでも何度もピンチを乗り切ってきた。」
万一に備えて救助要請をしてきたくらいにしか考えていなかった。
だから「何か変化があったら連絡をして」ということで電話を切った。

眠るともなくうつらうつらしていた早朝4時半。
部屋全体がグラッとゆれて目が覚めた。
点けっぱなしだったテレビが群馬県内陸部が震源地で広い範囲で震度3~4の地震だったことを告げる。
ふと遭難した3人のことが不安になった。
考えてはいけないのだけど「地震で雪崩が起きて流されてしまってないか」などと悪い妄想してしまう。

もういちど会社に電話をしてみた。みんな事務所に集まってきている。
しかし救助隊の出動を待つ以外に手立てはない。
その後なんどか携帯電話に電話するも通信が遮断されていて連絡がつかないようだ。
こうなったらどうせ眠れない。
とにかくできるだけ早く東京に戻ろう。
戻ったころには状況が分かっているはずだ。
そこから先はその時考えよう。
そう思って荷物を詰め込みホテルを出た。
キリッと肌を刺すように空気が凍っている。
今ごろ3人はこの何倍も冷たい中で苦労して下山しているのだろうか。
それとも動けなくて救助を待っているのか。

駅に行って切符の変更を依頼する。特急は5時58分の始発が出た後だった。
駅のホームで一時間を過ごす。
だんだん焦燥感が募ってくる。
20091219005149


対策本部がある御殿場警察署に着いたのは正午を回っていた。
富士山を見上げると雪煙に包まれている。救助隊は遭難現場にまだ着いていないらしい。
20091225154743

20091225154735
雪煙に包まれる富士山

僕らはただ富士山を見上げながら3人の無事を祈るしかすべはなかった。
家族の方たちの心情を思うと声をかけることもはばかられた。
右京が発見されて救助隊と一緒に下山して来ることを聞いた時も素直に喜べなかった。
残された二人の救助が打ち切られた。
それは二人の絶望を意味することになる。
二次災害の恐れがあるからと言われたらもうどうしようもなかった。
「何とかならないのですか」
担当の方にお願いしたけれど無言で立ち去られた。
「そんな・・・。」
と思っても過酷な現場付近の状況を考えるとそれ以上のことが言えなかった。
20091225154800
日が落ちていく。

右京が生還してきた。
すぐに奥の部屋に連れて行かれる。声をかける間もないくらいだった。
僕らをシャットアウトして警察の長い事情聴取が続く。
会うこともできない。
右京も深夜からずっと活動を続けてかなり疲れているはずだが大丈夫だろうか。
ようやく解放されたかと思ったら報道へのコメントを求められる。
疲労困憊し、混乱している右京の心情を思うと正直勘弁して欲しかったけどこれだけ大きく報道されているから何も言わずにここを脱け出ることはできない。

辛い記者会見だった。聞いていて涙が止まらなかった。
マイナス18℃。風速25メートルの夜を満足な防寒具もないまま生きていることはできない。
二人はおそらく絶望だろう。
でも生きていて欲しいという願いは変わらない。
二人が見つけられるまでは奇跡を信じたい。
そんな気持ちで夜をすごした。

翌朝快晴。
富士山が悲しいくらいくっきり青空に聳え立っている。
20091225154725
19日朝の富士山。
場所も右京の報告でほぼ特定できているはずだから今日は絶対に彼らを見つけてくれるはずだ。
救助隊は5時過ぎから活動を開始してくれていた。
僕らは万が一を信じて祈りながら待った。

僕らのかすかな希望を打ち砕くように警察無線に「二人の遺体」を搬送する連絡が救助隊から入った。
警察の検分やなにやらがあって凍った二人に対面できたのは7時を回っていた。
うさちゃんの凍った手を握った。
ホーリーの冷たいほほを手のひらで温めてあげた。
涙が止めどもなくあふれてきた。
生きて還ってほしかった。
悔しかった。
右京は僕らより何百倍も悔しさでいっぱいだったはずだ。
壁にこぶしを打ちつけながら号泣した。


あれから一ヵ月半。
この間、もやもやとして気持ちが落ち着かない日々がずっと続いている。
気持ちを紛らわそうといろいろするけれど心の奥のどこかに何かがつかえている。
二人が生きていれば・・・。
指の何本かなくなっても還ってきてくれていれば・・・。
僕ですら時々そんな叶わぬことを思ってきた。
目の前で二人を看取った右京はもっと辛い日々を過ごしてきたはずだ。

でももうこのお別れ会を区切りとしていつまでも後ろを振り返っていてはいけない。
お別れ会の挨拶で右京が話したように忘れることは一生できないけれど二人のためにも
元気を出して歩き始めなければいけない。

うさちゃん、ホーリー安らかに眠れ。
チャレンジスクール必ずやるからね。
君たちが作った今年のプランをできるだけ実現できるようにがんばるよ。

2010年、2月1日。
ひと月遅れの僕の新年を今日から始めよう。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。