FC2ブログ

カテゴリー


最近の記事


プロフィール

harry

Author:harry
1951年8月生まれ。獅子座。
AB型。178センチ。70キロ
①.スポーツ&アウトドア
特にサッカーと山と釣り。
登山、ゴルフ、マラソン、カーレース、ウインドサーフィン、クルージング、乗馬などなど。何でもやりたがりでどれもそこそこはこなすが一流には遠い。

②食べる!
作ること、食べること、食べさせることが大好き!「人の生きがいの半分は食に在り」と思っている。阿蘇の山小屋ではピッツァを焼くためのナポリ窯も作った。特にラーメン、うどん、そば、パスタなど麺類には目がない。

③馬大好き!
競馬では100万馬券を何度か的中!過去通算では間違いなく損している?
人生も賭けだけどいざという時には強い。
馬好きが高じて地方競馬の馬主になったことも。
2010年ハヤノ牧場には10年来の夢だった馬が来た。

④時間があればしてること
ジョギング、草刈り、薪割り、伐採、山芋掘り、畑仕事、ログハウスのメンテナンス、木工、音楽を聴く、映画を観る、絵を描く、本を読む。そしてブログを書く。最近は阿蘇の山小屋に行く時間が減ってストレスたまり気味?

⑤好きな作家
もちろん開高健さん

⑥愛犬
ロッキー
アラスカンマラミュート♂
(1999年3月8日生まれ・45キロ)
ルーク
ラブラドルレトリバー♂
(2010年6月18日生まれ・24キロ)


月別アーカイブ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歳の終わりに

12月29日。
門松作りの材料を採りに山小屋に行く。

ルークは窓から顔を出して風にあたるのがお気に入りだ。
ロッキーもそうだった。散歩している犬を見つけると落ち着きなく騒ぐのも同じだ。

山小屋に着いてまずストーブに火を入れる。思った以上に気温が低く寒い。
そのあとポンプの電源を入れるが悪い予感が的中して水が出ない。
モーターは回っている。タンクの圧力はフルになっている。
おそらくどこかが凍結して水が遮断さえている。
汲み置きしていた水を沸かして熱湯を蛇口の近くのパイプにかけるけど一滴も出てこない。
ポンプ小屋の水道管には電熱線が巻かれているので大丈夫と思ったのだがどうもそこが問題らしい。

圧力を逃がすための補助水道管からは水が出るので上に上げる管が凍結してるようだった。
小屋のそばで火を焚いて大きなやかんでお湯を沸かす。それを何度かかけてみたらようやく水が上がりはじめた。
結局水が出るまで1時間近くかかった。

淡いピンクに染まった薄暮の空にクヌギがシルエットになって絵を観ているようだ。


孟宗竹は岡本豆腐の竹林からいただいた。
松と梅は山小屋に自生しているものを伐ってきた。
自宅に戻って門松を製作。
100円ショップで買ってきた注連飾りを着けたらいつの間にかルークがみかんを食いちぎってしまった。
また新しいのを付け替えて夜7時過ぎに何とか完成。


完成した門松

前々から内々疑問に思っていたことが何気なく観ていたテレビの番組で解決した。
「メインは竹なのに何で門松と言うんだろう。」
昔はまさに松のみを玄関脇に立てていたようだ。正月にやってくる神様をお迎えするための目印だったらしい。
「どうせなら縁起がいい竹とか梅とかも入れちゃえ。」
「そうだそれだけでは寂しいので赤い実とか葉ボタンとかも入れよう。」
とだんだんエスカレートして今のカタチになっていったようだ。

東京で見る門松は青竹三本と松を荒縄で縛っただけのシンプルなものだった。
竹の切り方も地方によって違うみたいだ。
節のところで伐ると笑っているように見えるので小国あたりではそうする。
節のところを入れて切るのは結構大変だからというわけではないだろうがスパッと真ん中で切るところもあるらしい。
これまで僕はその年の気分で適当に作ってきた。今年は時間もなかったので土台は手を抜いて木の桶に土を入れたもので代用した。本体はここ数年の中でも上の部類に入ると言っても良いくらいバランスの取れた良い仕上がりになった。玄関の脇に据えて年神様を迎える準備が出来た。

12月31日。
那覇マラソン以来走ってなかったのがずっと気になっていた。
少しだけでもと年の最後に3.5キロほど走ってきた。
3.11以来何となく落ち着かない日々が続き、何をやるにも気持ちが入らない一年だった。
今年のモヤモヤはすべて今日で払い落として来年は良い年にしたいものだ。







スポンサーサイト

食い納め

12月30日。
きょうはまた一段と寒い。昨日は門松を完成したあと400枚の年賀状の印刷と添え書きで朝7時まで完徹!
ルークとひとしきり遊んで午前中大掃除とゴミ出し。夕べから何も食ってなくて意識朦朧腹ペコフラフラ。
でっ、今日もまた太平山ラーメンでガッツリ焼豚&メンマラーメン大盛り(2玉)煮玉子のせ。
ふぅ~。
DSC_0041.jpg
太平山ラーメン



沖縄ベスト5



美ら海水族館のマンタ


那覇の守礼そば


北谷のはまやそば


本部のきしもと食堂


瀬底ビーチ

むかーしよく行ったラーメン住吉亭

昔何度か通ったラーメン屋。


ラーメン屋は汚いほど美味いという都市伝説があったがまさにその通りのラーメン屋だった。
というか今も相変わらずきれいとは言いがたい。


僕もきたない店=美味いという方程式が頭のどこかにインプットされているので敬遠はしないがそれにしてももう少し何とかならないかと思ってしまう。
時間外にもかかわらずそこそこのお客は入っている。しかし来ている客は男ばっかり。

腹が空いていたのでガッツリ大盛りワンタンチャーシューメンを注文する。

野菜ワンタンチャーシューてんこ盛りでこれでもかというくらい入っている。
東京にあれば二郎インスパイヤ系と言われそうだがこちらはこちらでオリジナルの進化の果てだ。
スープはあっさり系の優しい味なのだがチャーシューが塩辛くてさすがに食いきれず。
替え玉があるので大盛りにしなければよかったと反省。
もうこのガッツリ系のラーメンは食べれない年齢になってしまったかと思うと少し寂しい。

鼎泰豊本店

数年ぶりに台北を訪問。
夕食に鼎泰豊本店に連れて行ってもらう。

名物小龍包!


アツアツの小龍包に黒酢としょうがを載せて食す。
やはり本店は美味い!・・・気がする。


焼き餃子も注文してみた。羽根つき。


これはこれで普通に美味い。


前回訪問時に感動した鶏のスープ。
鶏そのものに旨味がある。癖のないやさしい味のスープ。


麺をセットで注文する。
この麺の器に鶏のスープをかけ入れて鶏スープそばにして食べると最高なのだ。
・・・だったはずだが今回は最初の訪問時ほどの感動はなかった。
もちろん美味しいのは美味しいのだが。
記憶の味覚と目の前の味覚とのギャップ。


台北在住の周さんおすすめの辛い混ぜソバ
これはこれで普通に美味しい。


鼎泰豊は余計なものは食べずにやはり小龍包に尽きるか。
とはいえ久しぶりの鼎泰豊本店。
日本にも高島屋とセットで支店展開しているけどやはり本店の味に勝るものはない。満足しました。

那覇マラソン始末記~いよいよ当日

12月4日。6時起床。
普段は朝ごはんを食べない。今日ばかりはエネルギー充填のためにおにぎり一個とラスク二枚バナナ一本を食べる。
糖分補給のためにオレンジジュースを飲む。
さて困ったことに出るものが出ない。
昨日の大食い一日分がそっくりそのまま残っている。
走るにはかなり負担になる。
苦しいというほどではないがコンディションとしてはまずい。
7時半。
歩いて会場に向かう。ジャンプしたり、体を揺らしたり軽く走ったりするが兆候がない。
まずい。このままでは体が重い。

地元関係会社マラソン部のみんなはすでに集合していた。
今回は我々も含め総勢14名。
この一年まったく練習しないで臨むブラン君や何人かのメンバーが最初から完走をあきらめているようすだったので発破をかける。
全員の完走を期して円陣を組んで掛け声をかける。
サブ3のヨシタツは今回は記録を狙わずタコヤキマンに扮して走ることにしたらしい。
僕は一応還暦なのでいただいた赤のシャツや靴で走ることにした。

タコヤキマンのヨシタツと。
沖縄でたこ焼きはポピュラーなのか?果たして沿道の人たちに分かるかどうか?ましてうけるかどうか??

練習不足。
ベスト更新とかいう目標もない。
強いて言えば完走すれば良いくらいの低いモチベーション。
さらに出るものが出ない状況。
僕は不安と○○を抱えたままスタートに並ぶ。

いよいよスタート。
僕のゼッケンはEブロックだったが地元の仲間と一緒にFブロックに並ぶ。
号砲がなってからスタートラインを通過したのはおよそ9分後だった。
最初の5キロは7分~7分半くらいでゆっくり行こうと決めていた。
完走目標の他のメンバーと前後しながら県庁前から国際通りに入る。
途端に兆候が出てきた。
2キロも行かないうちだった。
この先にスタバがあることを思い出した。
スタバのトイレに駆け込む。

2分後には腸をすっかり空にしてランナーの群れに戻ることができた。
途端に体が軽くなってキロ6分30秒~7分前後で走る。
10キロまでは快調だった。トイレタイムを入れて1時間11分。
このまま行けばハーフを2時間30分くらいではいけそうだった。
那覇マラソンのコースはハーフ過ぎてやっと数キロの下りがあるものの全体に上り基調だ。
特に10キロ~20キロは100メートルの高度差をほぼずっと上ることになるのでここで足を使ってしまうと後半にバテることになる。
10キロから延々と続く坂道を慎重に無理せず淡々と上る。
12キロ地点ぐらいから膝に違和感を感じていた。
それが痛み出した。
18キロ地点くらいで痛みがひどくなってガクンとペースが落ちる。
3キロを走るのに30分近くかかってしまう。
それでも中間点を過ぎたのは2時間39分。

そこでトイレ休憩を兼ねて少し休んだ。
膝を回したり伸ばしたり消炎スプレーをかけてもらうなどして少し回復させる。
再び走り出すが200メートルも走ると膝が痛くて歩いてしまう。
このままだと33キロの足切り地点まで辿り着くことができるかどうか?
リタイアが頭をかすめた。

25キロ地点手前のひめゆりの塔の土産物屋さん前で足が止まる。
おにぎりとソーキソバをもらうためだった。
ソーキソバは小さな器にほんの二口程度だったがかつおダシのスープが胃にしみて美味しかった。
ここで残り距離と時間を計算する。
このままではキロ9分で行けば33キロ地点の足切りにギリギリセーフだ。しかし半分走って半分歩いたら10分以上かかるから間に合わない。ついに初リタイアになってしまうのか。

沿道でもらったそのほかの補給食。
サータアンダギー1個
バナナ半切れ7~8本くらい。
チューチュー(細長いビニールに入ったアイス)2本
黒糖5~6回10粒ほど。
塩飴3ヶ。
水10回ほど。

「もういいんじゃない。」
「膝が言うことをきかないんじゃしょうがないよ。」
頭の中で弱気な僕がささやく。
「ここまで頑張ったんだからもう少しがんばろう。」
「まだ終わったわけではない。」
「自分であきらめたらそこで終わりだ。」
もうひとりの僕が反論する。

ブラン君がどうなったか電話してみる。
中間点の足切りをギリギリかいくぐって23キロ地点にいるらしい。
頑張っているが足が終わってもう限界に近いらしい。
「何とか27キロまで頑張ります。」
「分かった。27キロのY君に伝えておくよ。頑張れ!」
27キロ地点には応援サポートの仲間が待っている。
そこまで行けば膝の痛みを和らげる何かがあるかもしれない。
とにかく僕も27キロまで行くことにした。

膝の痛みをこらえながら4時間2分で27キロ地点に到着。
残り15キロを2時間。
ここでYさんにロキソニン(鎮痛剤)をもらって飲む。
消炎スプレーをかけて休んでいたらKさんがやってきた。
この500m先くらいに首里城走ろう会のサポートブースがあってそこでマッサージをしてもらうことになった。痛む膝を氷で冷やしマッサージをしてもらった。
少し楽になって再び走り出すが1キロも行ったところでまた痛み出す。

ついに後ろから最後尾車両がやってきた。
この車両に追い越されたらもうおしまいと思って必死で走る。

最後尾車両が迫る。
拡声器からアナウンス。
「市民ランナーのみなさん。お疲れ様です。皆さんには明日学校や仕事があります。無理せず明日に備えましょう。この道路はまもなく交通規制を解除します。危険ですのでゼッケンをはずして歩道に上がってください。後ろにバスが迎えに来ています。」

直接は言わないが要するに「早くリタイアしろ。もうこれ以上頑張ってもそのペースじゃゴールまで間に合わないんだから。いい加減あきらめなさい。」ということだ。
この言葉が逆に僕の負けん気に火をつけてくれた。
「くそっ!絶対リタイアしない。ギリギリまでがんばるぞ」
最後尾車両に追いつかれまいと頑張ってスピードを上げる。
鎮痛剤がようやく効いてきたのか、負けない気持ちが脳の痛みを感じる部分を麻痺させたのか膝の痛みはあまり感じなくなってきた。
33.1キロの最後の足切りポイントに着いたのは制限時刻14時ギリギリの1分前だった。


この足切りポイントを過ぎればもうゴールまで足切りはない。
安心したらまた膝が痛み出した。
残り9キロを75分。キロ8分で行けば良い計算になる。
膝の痛みがこのまま治まらなければ1キロ9分くらいはかかる。
頑張っても制限時間内に辿り着けるかどうか。
いやもう頑張ってもダメだろう。最後の2キロ近い坂がある。
あそこはさすがにキロ8分では難しい。
毎年あそこで足が止まって時間を食っている。
また弱気の僕がささやく。

前方にボランティアでマッサージをしてくれるテントが見えた。
気づいたらそこにふらふらと入っていた。
「膝が痛くて思うように走れない。痛み止めとかありませんか?」
「分かりました。少しほぐしてテーピングをしましょう」

膝の痛みを抑えるテーピング
これが効いた。
不思議と痛みが和らいで再び走れるようになった。
しかしコースに戻ったら様子がおかしい。
クルマが双方向で通行していてランナーがみんな歩道を歩いている。
先の方でなにやら拡声器が叫んでいる。
「危険ですからランナーは歩道に・・・」

マッサージをしているうちに最後尾車両に抜かれたらしい。
路上のコーンが次々に撤収されて作業車に積み込まれている。
その後を一般車が通行し始めている。
あわてて歩道を走って最後尾車を追いかけ追い越す。
その先にはまだ路上にコーンが残ってヘロヘロのランナーが歩くように走っていた。

最後尾車両に追い抜かれていた!

次々にヘロヘロランナーを抜く。
ひとりふたり、10人、20人と数えながら走ると痛みも忘れて快調に走れた。
目標300人をあっという間にクリアする。

35キロを過ぎたあたりで歩くように走っているKさんの背中が見えた。
「大丈夫?」
「はい・・・。」
「あと7キロ。頑張ればまだ間に合うよ。」
「はい・・・」
「キロ8分半で行けば間に合う。」
「はい・・・。」
「もう少しだけピッチ上げよう。」
「はい・・・」
声に力がない。
「よし行くよ!」
Kさんに声をかけてピッチを上げる。
時々後ろを振り返ると何とかついて来ている。

あと5キロ地点で5時間27分。
スタート時間で9分ロスしているが15分のアロワンスがあるから差し引き6分おまけがある。
制限時間まで残り42分。
1キロ8分前後で走れば間に合うがこの先かなり急な登坂が待っている。
すでにほとんどの人が歩いている。走っている人はごくわずかだ。
僕たちは止まることなく何とか1キロ8分前後で坂を上りきる。
那覇マラソンに出場して7回目になるがこの坂を止まらずに上り切ったのは初めてだった。
もう足はほとんど終わりかけていた。
止まったらもう動けないだろうという気がした。
「あきらめない!最後までがんばる!」という気力だけだった。

残り3キロ地点で5時間43分23秒。
あと23分弱しかない。
キロ8分では間に合わない。

「もう少しピッチ上げたら何とか間に合う。がんばろう。」
僕の膝もまた痛み出していた。
「行くぞっ。がんばれ。」
「おりゃっ。あきらめるな。がんばれ。」
呪文のように自分に言い聞かせながら無理やり足を動かした。
残り2キロ地点までなんと1キロを6分34秒で走る。

そこからは下り坂。
「歩いたらダメだ。走ってればまだ間に合うよ。」
沿道から声がかかる。

残り1キロのところにYさんが待っていてくれた。
時計を見ると後9分もある。
ここまで来れば何とかなる。
しかし同時にもし時計が間違っていたらという悪い思いが頭をよぎる。
到着寸前でゲートを閉ざされた人たちのドラマを毎年見てきた。
自分もそうなるかもしれない。
閉まっているゲートが頭に浮かぶ。
「速く、速く、少しでも速く」と足を必死で運ぶ。

開いているゲートが見えた。
閉門3分前。
ギリギリセーフだった。
先着した仲間がなかなか来ない僕らを今か今かと待っていてくれた。
「還暦記念に6時間6分とか、制限時間1秒前とか狙っているかと思ってました。」
「そうかその手もあったか。」
しかし冗談じゃない。頭の中は「閉門前に何とか辿り着きたい」という思いだけ。
そんなことを考える余裕なんかまったくなかった。

制限時間ギリギリ。でも完走は完走!

タコヤキマンヨシタツは3時間40分で楽々完走。
沖縄の人たちにもタコヤキは認知されていたようで大うけだったらしい。
テレビの取材も受けたようだ。
3時間を切って走っていた時にはこんなに声をかけてもらうことはなかったそうだ。

ブラン君は残念ながら27キロでリタイア。
一年間まったく練習なしで27キロ地点まで走った根性を褒めたい。
でも練習なしで完走しようとするのはフルマラソンを舐めている。
来年はちゃんと練習して来いよ。

僕は完走とリタイアの境をさまよってあらためて完走の素晴らしさを思い知った。

あの時テーピングをしてもらえなかったら。
あの時あきらめていたら。
あの時Kさんに会わなかったら。
ひとりだったらおそらく最後の坂道で歩いてしまっていたはずだ。
Kさんに感謝。
そしてあきらめなくて良かった。

結局わがチームは14名中8人が完走!
6名は残念ながらリタイア。
あと300mで閉門の号砲が鳴って終わったメンバーもいた。
悔しさは計り知れないだろう。
残り5キロを少しでも歩いてしまっていたらそれは僕でもあった。

フィニッシュアーチ下で

還暦ランは6時間5分とワースト記録で終わった。
楽しく走るという目標どころか辛く苦しい42.195キロだった。
何のためにこんな苦しいことをしているのだろうか。
苦しいんだったらやらなければいいじゃないか。
そんなことばかり考えた。

何のために走るのか。
そう問われても即答できない。
完走する達成感。
力を出し切った充実感。
色々とそれらしい答えが浮かぶがどれも的確ではない。
完走できた喜びは確かに大きい。
しかしそれに倍する大きな苦しさや痛みがある。
にも関わらずなぜ走るのか。

「なぜ山に登るのか」という問いと同じように僕にはその回答が無い。
でも僕はまた来年間違いなくここに戻って来ているはずだ。

那覇マラソン始末記~決戦前夜

間抜けなことに那覇マラソンの開催日を一週間間違えていた。
直前まで飛行機やホテルの手配でばたばたしてしまった。
気持ちの上でも練習量でもうまくピークに持って来れないまま那覇に着いた。
ヨシタツ、ブラン君と合流してホテルにチェックインしたあとまずは定番の守礼そばに行く。
moblog_a26536d1.jpg守礼そば
ゆしどうふそば特盛りソーキ載せ、こってり、細麺

ボークご飯
焼きたてのポークをご飯に載っけたもの。このポークの下に薄焼き卵があるとベスト。

一週間前からカーボロイドで炭水化物系を多めにとってきたがソーキソバはマラソン食としては最適最強。
那覇は風もあってか思ったより寒く長袖でも上着が必要なくらいだった。
国際通りにお土産を買いに行く二人と別れて早めにホテルに戻ってのんびりする。
4年前みたいに風邪でも引いたら最悪だ。

晩飯もソーキソバを食べようという約束だったけど待ち合わせの6時45分になってもお腹が空かない。
どちらかと言うと肉が食いたくなってきた。
「オレ肉が食いたいんだけど」
「いいですね!」即好反応。
「20年前に良く仕事で来ていた頃、飛行機最終便で来て夜中に行ってた大衆ステーキ屋に行ってみようか。確かポパイとかジャッキーとかいう名前だった。」
「波の上のソープランド街の近くにあった記憶があるんだけど」
腹ごなしに波の上方面に歩いて行くが記憶が曖昧で遠回りしてしまう。
地元に人に聞くと「この道まっすぐにあっちの方に行くとあるさ」とかなりアバウトな教え方でなかなか行き着かない。
花街のネオンを頼りに一時間近く歩き回ってやっとそれらしい記憶の場所に行き着く。
店がない。違う名前のステーキ屋が何軒かあるが違う。
妖しい店のおばちゃんに聞いたらジャッキーという有名店で東町に移転したらしい。
結局そこからタクシーで移転先に行く。
なんとホテルから歩いて5分ほどのところだった。
moblog_04dc0122.jpg
店の周りには2~30人の人だかり。
何事かと思ったら順番待ち。
信号みたいなサインがあって中に入って順番待ちのノートに名前を書く。
店は4人~6人がけのボックス席が20ほどある。
回転は良さそうなので待つことにする。
moblog_e093b052.jpg
20時過ぎ。覚悟していたより早く順番が来て店に入れた。
メニューはハンバーグやタコライス、サンドイッチ、カツなどもあるが圧倒的にステーキを食べている人が多い。
テンダーロインステーキのL(250g)が2100円。S(200g)が1900円。
ニューヨークステーキのL(250g)が1500円でS(200g)が1400円。
LとSで50グラムも違うのに値段は100円か200円の違い。
明日走ることも忘れて3人とも当然L。
二人は脂身のあるニューヨーク僕はテンダーロインにした。
さらに明日走ることを少し考えて炭水化物であるスパゲティのL600円也を追加注文。
moblog_1b4c2ef2.jpg
まずはスープ。
沖縄のステーキ店では高級店でもこのコーンスターチを溶いたような妖しいスープが定番で出る。
味気なくてどちらかと言うと「まずい」の範疇に入ると思うけど飲んでいるうちに「これはこれでありだよな」と癖になる変なスープ。
moblog_7364ec04.jpg
テンダーロインステーキ250g。
熱い鉄板で出されるのでミディアムレアで。醤油をさっとかけまわして鉄板でジュージュー焦がして食べる。美味い。あっさりしているのであっという間に食べることができる。

沖縄の定番ステーキソース「№1ソース」
酸味が強いソース。ステーキよりご飯に合う。これもきっといつか癖になるヤツだろう。
スパゲッティ大盛りも3人でシェアしてなんなくクリア。

というわけでマラソン前夜はきっちり腹に詰め込んだ。
これが翌朝の大きな課題になるのも知らず満足してホテルに帰った。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。