カテゴリー


最近の記事


プロフィール

harry

Author:harry
1951年8月生まれ。獅子座。
AB型。178センチ。70キロ
①.スポーツ&アウトドア
特にサッカーと山と釣り。
登山、ゴルフ、マラソン、カーレース、ウインドサーフィン、クルージング、乗馬などなど。何でもやりたがりでどれもそこそこはこなすが一流には遠い。

②食べる!
作ること、食べること、食べさせることが大好き!「人の生きがいの半分は食に在り」と思っている。阿蘇の山小屋ではピッツァを焼くためのナポリ窯も作った。特にラーメン、うどん、そば、パスタなど麺類には目がない。

③馬大好き!
競馬では100万馬券を何度か的中!過去通算では間違いなく損している?
人生も賭けだけどいざという時には強い。
馬好きが高じて地方競馬の馬主になったことも。
2010年ハヤノ牧場には10年来の夢だった馬が来た。

④時間があればしてること
ジョギング、草刈り、薪割り、伐採、山芋掘り、畑仕事、ログハウスのメンテナンス、木工、音楽を聴く、映画を観る、絵を描く、本を読む。そしてブログを書く。最近は阿蘇の山小屋に行く時間が減ってストレスたまり気味?

⑤好きな作家
もちろん開高健さん

⑥愛犬
ロッキー
アラスカンマラミュート♂
(1999年3月8日生まれ・45キロ)
ルーク
ラブラドルレトリバー♂
(2010年6月18日生まれ・24キロ)


月別アーカイブ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博多一風堂銀座店

1月26日。東京マラソンのコースをハーフから辿って銀座~雷門~有明ビッグサイトまで試走した。勝どきの自宅で着替えた後に試走したメンバーとクルマで両国の「まる玉」に向かった。当初予定した時間からはだいぶ遅れて2時近くになっていた。念のために電話を入れる。
最近雑誌でランキング上位になったり、テレビの取材が入ったりしてスープがなくなる時間が早まっている。今年になってすでに二回も店の前まで行ってアウトになった。

「今から4人で行くけどまだ大丈夫かな?」
「あっ。こんにちは。今日はまだ大丈夫ですよ。」
「じゃあ今から行きます。15分後くらいに」
「おおっ!」
「よっしゃ!」
携帯の会話を固唾を呑んで聞いていたみんなから思わず声が出る。

安心してクルマを走らせていたら森下の手前あたりでまる玉から電話。
「今並んでらっしゃいますか?スープを確認したらちょっと心配になってきたので」
「ええっ?まだ並んでないよ。」
「すみません。かなり外に並ばれてまして人数確認したら4人は厳しいみたいなんです。」
「ええっ!」
「すみませーん。申し訳ありませんっ!」
「りょうかーい。仕方ないよ。また行くねっ。」
(さっきまだ大丈夫って言ったばかりじゃない・・・)と言いたかったが言葉を飲み込んだ。
「うわっ、ヤバイ、やっぱりだよ」
「ひょっとしてダメだったりして(笑)」などと軽口を叩いていたのが当たってしまった。

朝から26キロも走って腹は減っている。胃の中は麺モード。「よしそれならば築地の『虎杖』のカレーうどんだっ」とUタ-ンして築地へ向かう。
すでに14時を回って築地の場外もあちこち店じまいが始まっている。
「虎杖(いたどり)表店」はまだ営業していて6人くらいの順番待ちが並んでいた。
お腹が空いているので裏店はやっていないかと偵察に行かせるが閉まっていた。
しばらく待っていると店のおばちゃんが来た。
「並んでらっしゃるんですよね?」
「はっ、はい」
「すみません。もう麺が終わりなんですよ。こちらまでは大丈夫です。」と僕の前の人で空中に手で線を引く。
「ええっ!さっきから並んでいたのに・・・」
「ないものはない」という感じで取り付く島もない。

何て日だ。
「ラーメン井上」でもいいかと思ったけどもちろん閉まっている。
こうなったら麺はあきらめて場内の寿司屋で海鮮丼だ。
場内へ急ぐ。案の定「豊ちゃん」も「吉牛」も閉まっている。
唯一空いている「大和寿司」にいつ入れるか分からない感じで閉店時間を過ぎても行列が並んでいる以外は「仲屋」も「市場の厨房」までも閉まっていた。

「こうなったら一風堂でもやむをえない。あそこなら開いてるだろう。やっぱりラーメンだ。」
結局歌舞伎座の裏の「一風堂銀座店」にたどり着いたのは2時半を回っていた。
ここでも10分ほど待たされる。
その間メニューを見ていると「餃子だ。替え玉だ。めんたいご飯だ。」とイメージが湧いてくる。思わず口中の唾液を飲み込む。

ブラン君とTちゃんは定番の白丸。僕とみなみさんは銀座店限定の「極新味1300円也」。
さらに餃子を二人前注文して待つことしばし。
まずみなみさんと僕の前にお盆に載せられた説明書きと柚子胡椒とヌーベなるゼラチンで固めた調味料が置かれる。
20080130165832

いよいよ極新味の登場。
200801280933012

中央の揚げたネギの下に何と茶碗蒸しが入っている。これを崩しながら食べると昆布と鰹ベースの和風ダシがトンコツスープに混じって違う味が楽しめるという仕掛けだ。
さらにヌーベなる調味料をスープに少しづつ溶かしながら入れると香味油と醤油で醤油トンコツっぽい味に変化するらしい。
20080128093302

まずは中太麺を手繰る。色々と仕掛けがあるので食べるのに時間がかかるからか「麺はバリ硬になっています」ということだったがさほど硬くもない。スープが適度にからんだモチモチの麺は小麦の香りも残っていてうまい。早速茶碗蒸しをかき混ぜる。あっという間に魚貝系の味が広がってダブルスープ味トンコツに変身した。鰹・昆布ダシ系に弱い日本人はこれで騙される。でも美味く感じるものは仕方ない。次にヌーべを溶いてみる。これはさほど大きな変化を与えないがその周りの白濁スープが今度は醤油トンコツに変わる。これも美味い。

別添えの一口おにぎりにこのスープをかけ柚子胡椒を効かせて食べる。これはこれで美味いのでご飯をお代わりしてしまった。それでもまだ満腹には遠かったのでブラン君が頼んだ替え玉を少し分けてもらってようやく終了。

奇をてらったとも言う人もいるかもしれないが「極新味」しっかり計算されていて侮れない。
食べていて楽しいというのも大事な要素だ。
「まる玉」今日も食べ損なったけど「極新味」で十分満足感を得ることができた。

『博多一風堂銀座店』

住所:東京都中央区銀座3-11-14 第一中山ビルB1
電話:03-3547-1010
営業時間: 11:00~翌4:00



スポンサーサイト

コメント

あの試走について語るとき、このラーメンジプシーになった話は外せませんね!
極新味は斬新なお味でおいしかったです。
しかし、ハリーさんはラーメンライターになれますよ、絶対!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hayanobokujo1999.blog49.fc2.com/tb.php/576-153ce4d6

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。